2005年 07月 01日 ( 2 )

異常気象

「異常気象」という言葉があります。
でも、最近はその言葉に慣れてしまって「異常」が「普通」になってしまいそうな気がするのは、私だけでしょうか。
先日、東京では36.2℃という気温が観測されたそうです。
もう、亜熱帯というより熱帯のような気温です。
ヒート・アイランドという言葉も、当たり前になってしまったのか、余り聞かなくなってしまいました。
北陸では集中豪雨によって、大きな被害も出始めているようです。
一昨日の夕方、激しい雷雨がありましたが、まるでベトナムのスコールのような降り方でした。
四季折々の美しさがある我が国ですが、このままだと半年以上を「夏」と呼ぶようになってしまうのではないかと、ふっと思いました。
[PR]
by defending | 2005-07-01 04:13 | ☆環 境☆

犬が・・・

仕事に向かういつもの通勤路、妙に渋滞してました。
こちらの車線の車が、対向車線に迂回して通行してるようでした。
その場所に近づくと、何が起きてるか解りました。
車に撥ねられたのでしょうか、後ろ足を引きずった犬が道路をフラフラ歩いていました。
車列はそれを避ける為に渋滞していたようです。
「かわいそうに」と犬を見た時に、その犬と目が合ってしまいました・・・。
通り過ぎることはできなかった。
私が撥ねたわけではないですが、私も車を運転する1人として、見過ごせなかったのです。
車を止めると、その犬が寄ってきました、首輪も付けていますし、そこには住所と名前が書いてありました。
そのまま、車に乗せて知り合いの獣医の所へ。
獣医が電話帳で飼い主の電話番号を見つけてくれました。
骨折しているものの、治るだろうということでした。
私はそのまま病院をでてしまったので、飼い主とは顔を合わせませんでしたが、きっと飼い主も探していただろうと思います。

避けて通ってしまう気持ち、私にも解ります・・・同じ事をしたことがありますから。
でも、止まったから、その犬は飼い主の所に戻れたのだと思います。
面倒なことに関わり合いたくない・・・それも正直な気持ちですが・・・。
次に同じ場面に遭遇した時に、また止まるかどうかは解りません。
でも、今回はそれでその犬が助かった・・・これは忘れないでおこうと思います。
[PR]
by defending | 2005-07-01 04:07 | ☆動 物☆